« 台風一過 | トップページ | シービスケット »

2004.10.11

壬生義士伝

新撰組の物語ではなかった。

遠いふるさとに、妻や子を残し、幕末に生きるひとりの侍の物語。

泣けます。泣きます。

「たそがれ清兵衛」に似てるというと、怒られるかもしれないが、やっぱり狙いどころは似ている。

|
|

« 台風一過 | トップページ | シービスケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20204/1651304

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生義士伝:

» 壬生義士伝 [本映画漫画その他色々から汲み取る一言]
「貧と賤と富と貴とが、けっして人間の値打ちを決めはしない。人間たるもの、なかんずく武士たる者、男たる者の価値はひとえに、その者の内なる勇気と怯懦(きょうだ)とに... [続きを読む]

受信: 2005.02.21 14:30

« 台風一過 | トップページ | シービスケット »