« 辻香織ワンマンライブ@水戸 ぼーじゃんぐるず | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »

2005.08.21

海猫

/ 東映(2005/05/21)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

テレビの「電車男」のエルメスが…とか、時々思ってしまう。。 愛憎のどろどろした描写があり、重い映画だと思います。

原作を読んでから、映画をみたほうがよかったかもしれません。

|
|

« 辻香織ワンマンライブ@水戸 ぼーじゃんぐるず | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20204/5568011

この記事へのトラックバック一覧です: 海猫:

» 海猫 [ケントのたそがれ劇場]
『映画と本のランデヴー』第二弾は『海猫です。先に観たのが映画だったので、映画のほうからレビューを書きました。  原作は読んでいませんが、広告のコピーが『あの衝撃作失楽園から7年、気鋭・森田芳光監督が挑む新しい<禁断の愛>を描いたラブストーリー』とあり、その... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 21:25

« 辻香織ワンマンライブ@水戸 ぼーじゃんぐるず | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »