« アバウトミー | トップページ | ドリームガールズ »

2007.07.26

トンマッコルへようこそ

/ 日活(2007/03/02)
Amazonランキング:1764位
Amazonおすすめ度:

|
|

« アバウトミー | トップページ | ドリームガールズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20204/15902299

この記事へのトラックバック一覧です: トンマッコルへようこそ:

» トンマッコルへようこそ [tetujin's blog]
2005年公開され、その年の韓国での興行収入第一位を記録した大ヒット作。この映画、日本ではどうも賛否両論賛のようだ。良くも、悪くも話題に登るということは、それだけ、印象に残る映画ということなのだろうか。この映画の韓国でのヒットは、恐らく韓国の人たちから...... [続きを読む]

受信: 2007.07.28 22:45

» 「トンマッコルへようこそ」 [古今東西座]
幾つかのブログで僕も大好きな名作『まぼろしの市街戦』との類似性(悪く言えばパクリ)が書かれていたのを読んで、ならば内容的に優れている作品になっているのではと期待して観に行った。 確かに戦争中に桃源郷とも思える場所に彷徨いこむ設定と知恵遅れの女の子のキャラクターはかなり影響を受けていると思える。さらに言えば村での生活は『刑事ジョン・ブック 目撃者』的だし、村の様子は中央が広場になっている所など『七人の侍』の農村みたいで、同じ黒澤の『夢』や宮崎駿の雰囲気もある(『ドクタースランプ』のペンギン村みたいでさ... [続きを読む]

受信: 2007.07.29 18:01

» 『トンマッコルへようこそ』 [はなことば]
2005年の作品。記事後半でねたばれもしますよ。 たまには映画でも、と思って、久々に映画DVD借りてきました。 内容は、朝鮮戦争の最中、トンマッコルという不思議な村にやってきた南の兵士・北の兵士・アメリカ人兵士。最初は一触即発だったけど、村の空気に包まれて..... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 22:07

« アバウトミー | トップページ | ドリームガールズ »